momomarumikanの日記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

momomarumikanの日記

興味・気になることなどを書いています。備忘録として・・・

2017年1月に長女(さーちゃん)を出産しました。

不妊経過①

こんばんわ、みかんです。

 

今日はとーーっても天気がよかったです。

洗濯ものがすぐに乾くってうれしいですよね(^^♪

 

そして、今日は3回目の不妊の検査に行ってきました。

なので、今日は不妊治療について今までの経過を書きたいと思います。

 

 

入籍してから1年後に結婚式をし、

それから半年後に新婚旅行に行きました。

なので、本格的に子作りを意識しはじめたのは今から1年ぐらい前になります。

 

私のまわりに不妊で悩んでいる人がいなかったので、

(自分が気づいてなかっただけだったかもしれませんが・・・)

「その気になればすぐにでも出来るだろう」

と1年前までは思っていました。

実際に新婚旅行から帰ってきてから、

そういえば生理が来てないなぁと思い、妊娠検査薬を試してみると

 

陽性!

 

次の週に主人と一緒に産婦人科へ行きました。

先生からは

「まだ心拍は確認できないが、妊娠していますね。2週間後にまた来てください」

そして、「母子手帳ももらっておいてください」

と言われ、エコーの写真をもらいました。

 

後日、母子手帳も受け取り、

妊娠についてネットで調べたり、週数を自分で予測してみたり、

赤ちゃんの名前どうするー?とか、

両親にどうやって報告しようとか、

2週間後が楽しみでしょうがなかったことを覚えています。

 

そして、

その2週間後の3日前ぐらいだったと思いますが、

生理以上の出血がありました。

ちょうど病院が休みでどうすることも出来ず、

とにかく安静にと横になっていました。

ネットで検索すると

 

「流産」の文字が・・・

 

 

そして病院に行き

「出血が止まらないんです」と伝えるとすぐに見てもらえました。

 

先生からは

「前見えてたところにはいなくなっているね。

 妊娠初期の流産はお母さん側が悪いんじゃなくて、

 受精卵の異常だから、自分を責めないでね」と。

 

そして

「hCG(妊娠しているときに分泌されるホルモン)がまだ高いので、

 受精卵等の組織が子宮に残っているかもしれない。

 この病院では手術は出来ないので、手術の出来る市民病院の紹介状を出します」

と言われ、その後お会計をして病院を出ました。

 

 

そして車に乗ったら涙が溢れてきました。

主人もその状況で把握したようでした。

 

そして、手術を受けるために紹介状を持って市民病院へ行きます。

 

この続きは次回~

 

 

みかん